日本代表選手中田、名前の意味するものは?

毎試合、ベルージアのレナート・スタジアムへと向かうバスの列は、終わりがないかのようでした。1999年だけでも、はるばる日本から3万人のサッカーファンが、中田英寿という名の自分たちの新帝王に称賛をささげに訪れたのです。

ヨーロッパに腕試しにやって来た日本人選手は、この茶髪のMFが初めてではない。しかし、先駆者となった奥寺靖彦(1977~1986年、ドイツ)も、初めてイタリアでプレーした日本人である三浦知良(1994年、ジェノア)も、頭をビジネスに向けることはなかったのです。中田は子どもの頃、長年繰り返し放映されているアニメ「キャプテン翼」でサッカーに興味を持ったのですが、自らのマネージメント会社を通じて肖像権を保有し、マンガや日本酒のブランド、ゲームなどに自分の肖像を販売します。

ペルージアは1998年、中田獲得のために平塚の湘南ベルマーレに支払った240万ユーロを、後悔することなどないだろう。ペルージアはこのクリエイテイブなMFを、2000年、ローマに2170万ユーロで売却しました。ローマはその翌年、パルマに3050万ユーロで譲渡しました。フットボール史上最も高価なアジア人選手という中田のステイタスは、1つには、彼がデイヴィッド・ベッカムのように、スポーツとファッションをリンクさせた最初のプレーヤーの1人だったことによる。

中田は2006年7月3日、「新たな自分去探しの旅に出る」ために29才の若さで引退しました。ですが彼のビジネスセンスは決して失われていない。2011年3月30日、ある台湾の女優は、オークションで中田のサイン入りシューズを買うために、2760万円を費やしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です