アルゼンチン代表戦術「2-3-4-1」を採用

サッカーアルゼンチン代表は、アルゼンチンサッカー協会(AFA)により組織されるアルゼンチンのサッカーのナショナルチームです。

世界各地でワールドカップ予選が行われていますが、南米は6月には予選が組まれていないのです。その中で、アルゼンチン代表はブラジルとの親善試合に1-0で勝利を勝ち取っていました。

アルゼンチン代表の新監督ーホルヘ・サンパオリは新しい陣を13日にシンガポール代表と戦う予定です。シンガポールは今ワールドカップ予選では第2ラウンドで既に敗退しています。

この対戦に無kてサンパオリは新たな布陣で臨むかもしれません。記事によると、「2-3-4-1」というシステムになりそうです。彼は「我々は非常にアグレッシブかつオフェンシブになりえる。今後もチームがこの形でプレーすることを排除するはない。とはいえ、明日示されるものによるだろうね」と語っていました。

もし、シンガポール戦で「2-3-4-1」フォーメーションを試し、その出来事はいかになるのでしょうか。今後もこの形で使っていく可能性があります。現在南米予選5位に沈んでいるアルゼンチンは残り4試合でどうなるのでしょうか。期待しましょう。

オススメサイト

日本代表 ユニフォーム 激安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です